◆あおもり見る知る掲示板 ヘルプ

11 / 11 ページ ( 51 ~ 51|51件 )

[コメント] 2017-05-01 09:33

No.94 ふるさとの物語(新連載) 第1回「国鳥 キジ」

ふるさとの物語(新連載) 第1回「国鳥 キジ」

 文化は河川、山岳、海洋などの自然環境が基礎をなし発展してきた。青森県は、豊かな自然と優れた文化がたくさん受け継がれている。新連載「ふるさとの物語」では、これら県内のすばらしい自然・文化を、県民からの資料や情報が数多く寄せられ膨大な量が蓄積されている県立郷土館の学芸員らが紹介する。

 日本で最もなじみのある鳥と聞かれ、必ず誰でも挙げるのが、昔話やことわざ、俳句、和歌などに出てくる「キジ」である。
 キジは、河川敷、雑木林、農耕地など明るい草地を好み地上で生活する。県内全域で一年中見られる留鳥として、普通に生息し、岩木川流域の河川敷でもよく見ることができる。方言では「サドキジ(里雉)」とも呼ばれている。1947年、日本鳥学会が日本の国鳥にキジを選出し、日本を代表する野鳥になった。キジは日本固有種と言われており、北海道には放鳥され野生化しているので、青森県が自然分布の北限に当たる。
 さて、キジは雌雄で羽色が異なり、雌より雄が美麗で大変目立つ形態をしている。雄は翼等を除いて体全体が美しい緑黒色を帯び、頭部の羽毛は青緑色、目の周りは皮膚が露出し赤い肉腫状である。繁殖期にはこの肉腫が肥大する。他の鳥には見られない特徴だ。
 つがる市の岩木川の河川敷に入って、突然のけたたましい音に驚かされたことがある。雄は特に縄張りを主張するためか「ケーン、ケーン」と鳴き、さらに両翼を広げて胴体に打ち付けて「ドドドド」と音をたてる。予告無しの登場にビックリすることになる。草の隙間から一瞬見えた赤い頭部がとても印象的であった。飛び去るかと思ったが、何と一気に走って逃げたのである。飛ぶのは苦手だが走るのは得意なキジである。
 キジの肉は古くから料理の食材として使用され、愛鳥週間などには放鳥もされてきた。私たちとは古くから密接な関係をもったキジである。 

※この記事は2017年4月6日付の東奥日報朝刊に掲載しました。

投稿者:学芸課 山内 智


ページの先頭へ戻る