ふるさとの宝物

大石平遺跡出土品 |オオイシタイイセキシュツドヒン

分野:考古


展示の有無:第1展示室(一部)

時代:縄文時代後期

所有者:青森県立郷土館

遺跡所在地:上北郡六ヶ所村大字尾駮字野附(大石平遺跡)

文化財指定:重要文化財

受入番号:1900‐0-0


大石平遺跡は青森県上北郡六ヶ所村に所在する縄文時代早期から弥生時代の遺跡です。遺構・遺物は縄文時代後期十腰内Ⅰ(とこしない いち)式(約4,000年前)のものが中心で、竪穴住居跡47棟、土坑1000基以上とともに多量の土器・石器・土製品・石製品が見つかっています。墓に副葬された切断蓋付土器(せつだんふたつきどき)※、土偶、鐸形土製品(たくがたどせいひん)、キノコ形土製品や、子供の手形・足形をつけた土版、石刀など縄文人の精神文化を物語る資料が豊富に含まれており、縄文後期の資料188点が重要文化財に指定されています。 ※焼成前に土器を上下に切り離し、焼成後、上部を蓋として使用する土器。

大石平遺跡出土品
※画像をクリックすると拡大表示されます。